夏の疲れを早めに取りましょう!

猛暑ではなく酷暑だった今年の夏、体調を崩される方も多かったかと思います。9月は例年より暑かったり、例年通り残暑が厳しい地域が多いそうなので、今回は夏の疲れの取り方を取り上げます。

一時のひどい暑さはなくなりましたが、こんな症状は残っていませんか?

・身体がだるい、重い  

・食欲がない

・頭がすっきりしない

・朝、すっきり起きられない

これらの症状は身体に夏の疲れが残っているときに現れやすい症状です。

 

原因として考えられるのは…

・エアコンの使用による室内外の温度差、寝不足などにより自律神経が乱れる

・冷たいものの取り過ぎで胃の働きが弱まり、食欲不振、栄養不足となる

身体が冷えると頭痛、肩こり、腰痛、むくみなども出てきやすくなります。

夏の疲れを取り去る方法

栄養バランスの良い食事…冷たいものを控え温かいものを取るようにしましょう、疲労回復に効果のあるビタミンB1の多く含まれる食品は効果的です。うなぎやレバーなどに含まれますが、食欲のわかない時は納豆や豆腐などの大豆製品、海藻類にも含まれます。無理をせず、ゆっくりよく噛んで食べるようにして下さい。 

ぬるめの湯船にゆっくり入る…38~40℃くらいのお風呂にゆっくり入りましょう。入眠の1時間前までに入ると良い眠りに効果的です。

質の良い睡眠を心がける…目覚めたら、日光をしっかり浴び、日中の涼しい時間に20~30分ほどの運動(散歩、ウォーキング)をしましょう。入浴を利用して副交感神経を優位にし、良い眠りを心がけましょう、寝る前はパソコンや携帯電話の使用は控えましょう。

もうすぐ食欲の秋、運動の秋がやってきます。それまでに身体をしっかりと休めて、秋を味わい、寒い冬に向けての体づくりを行って行きましょう。

 

 

 

 

南足柄市関本569 ヴェルミ2 4階
大雄山セントラルクリニック外来・内科